東区札苗地区で昭和63年に開業して、満20年を経過しました。いままで全力で診療してきましたが有床診療所の形態を維持することが困難になり、平成18年1月より入院を置いての診療を休止して外来診療のみとしました。患者さんの痛みを軽減するために職員一同努力していきます。よろしくお願いします。

院長 佐藤 敏文


常呂町(現在北見市)出身 札幌南高校卒業
昭和56年札幌医科大学 卒業

札幌医科大学整形外科で研修をしながら札幌肢体不自由児療育センター、市立室蘭病院、旭川厚生病院、洞爺協会病院、砂川市立病院、室蘭日鋼病院に勤務しました。



日本整形外科学会  日本整形外科専門医  日本東洋医学会



開院当初は入院施設を用意していましたので、手術をしていました。しかし現在は外来診療のみになりましたので、保存治療のみしています。保存治療が無効の場合あるいは初診時に手術が必要な患者さんは連携している病院に紹介しています。



漢方薬  鍼灸治療



スポーツ観戦、読書(特に佐伯泰英)、歌舞伎鑑賞、江戸研究、落語、サイクリング、水泳、カラオケ
長唄(杵屋勝敏郎) 三味線、唄を週一回中橋ひな先生について稽古しています。


▲ページのTOPへ

 
 
(C) 2009 KOUSINDO ORTHOPEDIC CLINIC.All rights reserved